目、耳、口の日常チェック&ケア

愛犬と幸せに暮らすための日常的なチェック&ケアへアクセスありがとうございます!ご覧のWEBページはフィラリア予防薬素人さんのための基本的な情報がたくさん♪フィラリア予防薬全体に関しまして周到にお伝えしてます。 - 目、耳、口の日常チェック&ケア

愛犬と幸せに暮らすための日常的なチェック&ケア

目、耳、口の日常チェック&ケア

人間と同じように、目や耳、口を清潔に保ち、日常からケアすることで、愛犬の異常をいち早く知ることにつながります。子犬の頃から顔周りを触って、顔のケアをしやすい愛犬に育てましょう。

目の周辺のチェック&ケア

目はとても大切な器官です。充血していないか、目の色が濁っていないか、涙が異常に出ていないか、異常に左右に揺れたりしていないか、などなど愛犬との日常的なアイコンタクトの中で異変がないかをチェックしましょう。
目の周りのケアは軽く湿らせたコットンや布などで、優しくふいてあげます。
また犬の涙やけ用グッズとして様々な治療薬が販売されていますが、こちらも愛犬に合うか合わないか、確認して使用しましょう。
愛犬が目を前足でこすって、気にするような仕草を見つけたら、目に異常がある可能性があります。ホコリやゴミが入ってしまった場合は犬用の目薬を点眼して、取り除いてあげましょう。

耳のチェック&ケア

耳のにおいを嗅いで、悪臭がしていないか、黒ずみや耳あかが溜まっていないか、炎症を起こしていないか、できものや腫れがないかをチェックしましょう。
これまで名前を呼ぶと反応していた犬が反応しなくなった場合、耳がよく聞こえていない可能性が考えられます。犬も歳をとると耳が遠くなりますが、気になる場合は病院で診てもらいましょう。
犬の耳のケアは犬用の耳専用ローションで、軽く汚れを拭き取ります。耳の穴の中を掃除する場合には、犬が暴れて傷つけてしまう事が有りますので、注意深く丁寧に綿棒で掃除をしてあげます。
慣れていない方はペットショップでお願いすると安心です。
耳の中の毛があまりに多すぎると通気性が悪くなり、病気を引き起こす原因となりますので、トリミングサロンで、毛を適度にカットしてもらいましょう。

口の中のチェック&ケア

食べるための重要な器官である口。歯が悪くなってしまうと、生きるための食べ物が食べられず、寿命を縮めてしまいます。
犬の歯磨きは入念に行い、定期的に犬専用の歯医者で診てもらいましょう。
たまに、乳歯が抜けずに残ってしまう犬がいます。乳歯が残ると食べ物カスが溜まりやすくなってしまい、それが原因で虫歯を引き起こすことがありますので、獣医さんと相談して抜歯を検討しましょう。抜歯をする際には麻酔をかけることになりますので、犬への負担なども考慮して先生と相談するとよいでしょう。

愛犬と幸せに暮らすための日常的なチェック&ケアTOPへ