毛のつやをチェック&ブラッシングケア

愛犬と幸せに暮らすための日常的なチェック&ケアへアクセスありがとうございます!ご覧のWEBページはフィラリア予防薬素人さんのための基本的な情報がたくさん♪フィラリア予防薬全体に関しまして周到にお伝えしてます。 - 毛のつやをチェック&ブラッシングケア

愛犬と幸せに暮らすための日常的なチェック&ケア

毛のつやをチェック&ブラッシングケア

犬の毛は、食べたものからできています。本来必要な栄養が与えられなければ毛のつやがなくなります。また、日常的にブラッシングをすることで毛のつやがでてきます。

毛のつやが悪い理由

毛のつやは愛犬が健康かどうかを確認できる一つの指標です。飼い主は日々愛犬の毛のつやをチェックしておきましょう。
もし、以前よりもつやがない、と感じたり、散歩などで他の犬と比べて、つやがないと感じるようなら、タンパク質や脂質が足りていない可能性があります。犬は本来肉食ですから、タンパク質も動物性のタンパク質がよいでしょう。肉類にアレルギーがあるようであれば、代わりの植物性タンパク質でもよいでしょう。
毛のつやがないと感じたらドッグフードを変えてみましょう。
また、シャンプーのし過ぎは、本来、毛を守るための油分を必要以上に排除してしまうことから、乾燥肌や毛のパサつきの原因となります。シャンプーは3週間?1ヶ月に一回として、愛犬の皮膚や被毛の状態を見ながら、定期的な回数を決めましょう。
その他に毛のつやが悪い理由として、使用しているシャンプーにも問題がある場合があります。できればナチュラルな材料でできたシャンプーを使用するのが、犬にとって負担がありません。また、人間用のシャンプーは犬に使ってはいけません。犬の皮膚には刺激が強いため薄めて使っているという方もいますが、犬の健康を考えると人間用シャンプーは絶対に避けましょう。

毛のつやを良くするブラッシングの効果

ブラッシングはできるだけ毎日、丁寧に行いましょう。
ブラッシングは毛並をそろえて毛のつやを良くするだけではなく、血行の促進にもなります。換毛期なら新しい毛を整えるという効果もあります。
また、ブラッシングタイムは愛犬と飼い主の貴重なふれあいの時間でもあります。ブラッシング好きな犬は、飼い主のブラッシングを至福のひとときと感じて、愛犬のストレス解消にもつながります。
ブラッシングの際には愛犬の皮膚を丁寧にチェックしましょう。被毛の内側に、気がつかないうちに発疹ができていたり、どこかにぶつけて傷を作っていないかなどを確認しましょう。
長い毛の犬、短い毛の犬、カールした毛や直毛などなど、犬種に合わせて、様々なブラシがありますので、専門のお店で相談すると愛犬にあったブラシを教えてもらえます。

愛犬と幸せに暮らすための日常的なチェック&ケアTOPへ